塩化アルミニウム水溶液で、わき汗撃退 - わき汗対処で悩み解決

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩化アルミニウム水溶液で、わき汗撃退

制汗スプレーや制汗クリームといった市販の制汗剤でわき汗を止めようと
しましたが、あまり効果がありませんでした。
中学生のときから高校まで使っていた制汗スプレー「BAN」は、その
当時(今から30年以上も前)はかなりべたつきがあり、さらに持続性
がいま一つでしたから、汗が止まったという感じではありませんでした。

スプレーしたということで、精神的な安定があり、それが結果的にわき
汗減少になっていた感じの方が強かったですね。

しかもわきの下に吹き付けたスプレー成分がTシャツに移り、次第に
シャツのわきの下部分だけ、固くゴワゴワになった記憶があります。
さらに黄色いシミがついて、Tシャツの寿命自体が短くなりました。

今の「BAN」は緑茶成分の混入で、自然殺菌力強化で臭いを消すという
ものですし、銀イオンで殺菌~消臭といったものが主流です。

汗を止めるというよりも、臭いを止める効果に優れていると言えます。


私の場合は臭いよりも汗。

どうしたらわき汗をかかなく出来るのか。


塩化アルミニウム水溶液をわきの下に塗ることで、わき汗を劇的に減らし
たという方の記事を見つけました。

それが、こちらの記事です。 ⇒ ここをクリック

塩化アルミニウムは個人では購入できなかった薬品ですが、今は買えるよ
うですよ。
これを、濃度5~15%くらいに水で溶かして水溶液を作り、その水溶液
を市販のスプレーに入れて、1日1回わきの下へスプレーする。

それだけで、劇的にわき汗をかかなくなったそうです。

溶かす水は、本来は薬店で売っている精製水を使用する方がいいのですが、
この記事の方は、水道水でも影響がないとのこと。
厳密には、水道水には塩素(Hcl)によって殺菌されていますので、これと
塩化アルミニウムが反応することで、何がしかの影響が皮膚に出る場合が
考えられます。

この記事のブログ運営者の方は、わきの下が2日くらいかゆくなったと言っ
ていますし、コメント欄には気分が悪くなったという方もいらっしゃいま
した。

効果があることは確かなようですが、やはり化学的なものであるだけに、そ
の人によって、異なる影響が出てくるようですね。



塩化アルミニウムについて ⇒ ここをクリック


オドジェルミン 60ml (制汗ローション)



関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://wakiasetaisyo.blog94.fc2.com/tb.php/49-78bea5b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。