ミョウバン水でわき汗簡単対処 - わき汗対処で悩み解決

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミョウバン水でわき汗簡単対処

塩化アルミニウム水溶液と同じように、比較的簡単に自作できて効果も
見られる、ミョウバン水での対処法をご紹介します。
まず、「ミョウバン」ってなんでしょう?
聞いたことがあるのですが、何に使う?

ミョウバンについての詳しい内容は

⇒ ここをクリック


私にとってミョウバンって、小学生の時に結晶を作ってみた実験材料
として思い出があります。

ミョウバンをちょっとお湯で溶かして、そこに割バシにしばった糸を
たらします。
一晩たつと、その糸に水晶のような四角錐の白っぽい半透明な結晶が
出来ていまして、それを夏休みの自由研究にしたことがありました。


こんな感じ・・・↓。

ミョウバン結晶

(写真ソース : こちら


ミョウバン結晶の作り方は

⇒ ここをクリック


かーなーりー、話がそれてしまいましたね(笑)。

・・・で、ミョウバンは食品添加物として、よく使われています。
例えばベーキングパウダー。

ですから、口に入っても体についても害はありません。
ドラッグストアなどで、「焼ミョウバン」という名前で、100円くらい
から300円くらいで購入出来ます。

それを適当に水で溶かして水溶液を作ります。
そのミョウバン水を、わきの下に付けることでわき汗とさらにわきの
下の臭いを抑える効果があるんです。

ミョウバンには、制汗と殺菌の作用があるんです。
ミョウバンは水に溶かすと弱い酸性になります。
汗は弱いアルカリ性。
ですから、わきの下を「中性」に保つわけですね。

さらにミョウバンには美肌効果もあるそうで、そんなことから「ミョウ
バンクリーム」とか、「ミョウバンスプレー」とか、化粧品としても
販売されているってわけなんです。

ただ、運動後にはつけたミョウバン水が落ちてしまって、効果が薄れる
とか、長時間持続しないとか、そういったマイナス面があるようです。

でも、自分で作れるし価格も安いし、作った水溶液を何か小さなボトル
に入れて持ち歩くことで、トイレに入った時にでもサッとつけることが
出来るのではないでしょうか?

汗をかくこの夏の季節に、私も試してみようと思っています。


ミョウバン水の口コミは

⇒ ここをクリック


焼ミョウバン 100g




関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://wakiasetaisyo.blog94.fc2.com/tb.php/50-50529483

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。