手術や薬のリスクがない、わき汗改善の方法 - わき汗対処で悩み解決

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術や薬のリスクがない、わき汗改善の方法

わき汗を根本的に治したい・・・。
いつもサラサラの脇の下でいたい・・・。

でも手術への不安って大きいですよね。

お金をかけて手術してみても、多くの方が再発すると言っています。
これは、汗腺を切除したことで一時には出なくなる状態を、体は補おうと
するからです。

体から無くなった部分を、体は無意識のうちに再生しようとします。

例えば肝臓や胃といった臓器の一部を外科的手術で切除した場合、徐々に
切除して無くなった部分は再生します。

胃の3分の1を初期ガンで切除しても、何年か経過するうちに再生してもとの
状態に戻そうとします。
まったく元通りにはならないのですが、失った3分の1の半分程度は再生します。

わきの汗腺も同じです。

そもそも汗腺は体温を調節するためにあるのですから、それがなくなると発刊に
よって体温の調節が出来なくなりますよね。

さらにわきの下には臭いの元になるアポクリン線も存在します。
この臭腺は現代の人間にとってはまったく必要ないものですが、「哺乳類」という
動物としてはやはり必要な部分です。

臭いを発することで、異性を引き寄せる武器になるわけですから・・・。


ですから普段は必要がないと思っても、「生き物」として必要だと判断されて
無くなったものは再生されるわけです。


わきの下の汗腺も手術によって切除したって、また再生するってわけですよね。
せっかくお金とリスクを背負って手術しても、しばらく経つと再発・・・。
これって最悪です。


わきの汗は体温調節のために出る汗とは違い、自律神経をとても深い関係があり
ます。
ストレスを感じたり、出てほしくないと意識した時に余計出てきたりするのは
そのためです。

わき汗と自律神経の関係は
⇒ こちらをクリックしてください。


休みの日に自宅でリラックスしているとまったくわき汗をかかないのに、
仕事という日の通勤途中でかいてしまうのは、明らかにストレスがかかっている
証拠です。

会議でプレゼンしなきゃならない前なども、一気にかきますよね。

これもやはり自律神経によるものですので、意識的にはなかなか制御できない
ってことになってしまいます。

でも、こんな情報がありました。
毎日少しの意識トレーニングで意識的に自律神経をコントロールするんです。
わき汗のメカニズムを知って、それを抑制するためのトレーニングが出来れば
手術や薬といったリスクを背負わなくてもいいわけです。

呼吸法や精神鍛錬といった、ヨガや気功なども自律神経のコントロールですから
基本的には同じような考え方です。


手術しようかな、そこまでやらなきゃ治らないかな、
そう考えている方にとっては、手術よりもまず試してみる価値はありますね。

かなり実績もあるようですから、一度試してみてもいいでしょう。


わき汗の改善マニュアルは、こちらをクリックしてください。
   ↓

ワキ汗改善マニュアル

          

  
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://wakiasetaisyo.blog94.fc2.com/tb.php/59-ce11ec3e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。